忍者ブログ
2017/11/25(Sat)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2011/06/19(Sun)
 ナイ→←リア前提のナイツ×ジャックルが好きです。ナイツさんはリアラの代わりをジャックルに求めるのね。より上位のナイツをジャックルは拒めない。





 ジャックルはかわいくないんだよね。

 例えば、ナイツさんとドキドキしたシーンを思いかえして、
 ・リアラなら…しばらく妄想に浸ったあとハッと我にかえり悶絶。(…好きだ…!ナイツ…!!)というおさえきれない気持ちとそんなはしたない(リアラにとって恋愛に関するものは全部はしたない・はずかしい)恋愛脳になってしまった自分への羞恥心が入り混じってわけわかんなくなっちゃう。リアラの恋の気持ちはまだまだ未熟でコントロールきかないのです。頭抱えて縮こまって悶絶するリアラ。
 ・ジャックルなら…生成中とか占い中とか、ふとしたなんかしてる最中に閃光のようにそのシーンが脳裏に過ぎって、はた。と手がとまる。けどすぐ離脱してその妄想(回想されたナイツなので実際のナイツの2倍ぐらいはイケメン)を打ち消して作業に戻るジャックル。周囲に何も悟らせない。大人なので動じない。キャメランがそばにいるなら、彼はジャックルさまにとっても敏感なので、ジャックルの手が止まったとき気づいて「ジャックルさま?どうかなさいましたか?」キャメランはジャックルが何を思ったかはわからないけれど、なにかいつもとちがうものを感じたんだよね。「お前こそ手が止まっていますよ」「わわ!すみませんジャックルさま!!」ジャックル流す。キャメラン忘れる。でもナイツの残像はジャックルのまぶたの裏に焼き付いて、しくしく痛むのです…


 基本的にリアラは、未熟さゆえになにもかも態度に出るタイプなので「あ~こいつオレのこと大好きなんだなぁ」ってわかりやすいから最終的に選ばれる。リアラの言葉は素直じゃないけれど、ナイツさんは優秀な翻訳機があるから大丈夫。ナイツさんは、好き好き好きなのに自分から積極的に好印象を与えるようなアプローチができないリアラがかわいくてしょうがない。

 逆にジャックルは、いろいろオトナなので、ナイツさんが望むものがわかる。だからそのように振る舞ってナイツさんを悦ばせようとする。だけどナイツさんはそれが演技だってわかるので、ジャックル相手に本気になることがない。
 ジャックルはナイツさんよりも数倍演技派。仮面を被ったままでいたら、自分の本当の気持ちにまで無意識にフタをするようになってしまった。ジャックルの本当の気持ちは、ナイツさんに感じてもらえないし信じてもらえることもない。演技の“気持ち”に本心の“気持ち”がかくれてしまってる。
 ジャックルは、快楽主義のキャラクターで、人一倍理性的な思考回路と、そのしたにある本心を覆い隠しているのだと思います。なんか遊女の哲学みたい。恋してしまったらビジネスな関係でなくなってしまうから。
 でもそれはジャックル自身が望んだこと(ナイツはどうしようもないバカ息子だしリアラさまには愛を掴んで幸せになってほしいと理性の上で思っている)。ナイツがジャックルを心から可愛いと思うことはない。ジャックルの恋が実ることはないのです。

PR
CM(0)



Comment-Submit
Name
Mail
Comment


Submitted-Comment OLD↑NEW↓


ARCHIVE
CATEGORY
LINK
PROFILE
HN:ico(あいこ)
5/17生まれ。SEGAのSONiCTEAMのゲームの「NiGHTS」がとても好き。
気まぐれな主人公ナイツとナイツのライバルのリアラをこねまわして遊んでます。
そしてものすごくナイリアです。うーんかわいい…
ADMIN HOME WRITE
Powered by [PR]
 Design by Sky Hine PR:忍者ブログ